無料
音楽 enontasino

スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ivy;』

2007 09 30
ここ数ヶ月、新しいCDを買ったり聞いたりしてない、
ミュージシャンらしくない、わたし。

それも、いいぢゃんねー?!

なんて思ってましたが、一つ手にしたので。
Q;indiviの『ivy;』。
田中ユウスケさん+Kevin Gilmourさんのユニットに、
リンchanが作詞&ボーカルで参加していて、
秋の夜に聞くのに、良い感じの音楽

Q;indiviのホームページでも、タワレコのホームページでも、
HMVのホームページでも、試聴できるみたいなので、
チェックして気に入ったらぜひ

あしは、昨夜は6曲目の“Starting Over”から、
7曲目“Stay Awake”、8曲目“Looking at the Stars”の
この3曲をひたすらリピートして聴いてたよ。
日によって、聴く曲を変えてみるのも、良いかもね!

ЯOTATOR LIVE

2007 08 03
友達のバンドのライヴに行ってきた。
その友達は、7月のsheep stereoのライヴに来てくれたんだ!
んで、あっしのドラムを叩くときのグリップが、
レギュラーなのが信じられへん?知らなかった?ぽかった。

そうそう。でね。
その友達の、バンド名は「ЯOTATOR」(ローテイター)。
神楽坂DIMENSIONてライヴハウスへ、初めて行ったよ。
駅の出口からすぐのとこなのに、ぐるんと遠回りしちゃって、
バイト終わって即行出て来れなかったのもあわせてで、
少し遅れちゃったのが残念汗

音楽は、あー、もう。ポイポイ。
ロックだったわー。
ライヴ二回目とかで、これからでーす、てバンド。
どんな風に見せて、魅せて、くのかが楽しみですわ。
どかなー??

出会った頃のギターのイメージしかなかったから、
そかそか、そうだったかーていうのもあったよ。
て、何年前?すごい、懐かしい!!

ここには書かないけど、いろいろ、いっぱい、
貰って帰りました。
どうもありがとうねーうれしい

HEAD PHONES PRESIDENT LIVE

2007 06 23
仲良し親友の、Fresh Drop SpiceのBatchが
サポートでドラムを叩いてるバンドのライヴを
観に行ってきた!!

“HEAD PHONES PRESIDENT”
なんか、強そうな、名前だよね

このバンドのライヴは、映像で観たことはあったのだけど、
実際、生で、ライヴハウスで観るのは初めてで。
あー、なんか、久しぶりに、ごつごつした音楽を聴いたわ。。

ライヴは、ライヴハウスに入る前が一苦労(?)で、
お客さんがライヴハウス隣りのお店の前までツラツラ並んでいて、
やー、ぎょうさん、来てたし。。

始終ギターが怪しい雰囲気をかもし出すように鳴っていて、
MCは一個もないんだけど
(アンコール時に、少しだけ話してたけど)、
なんか、空間ぽかったです。

…全然、わかんないね、、はい。

ライヴ中は、ボーカルとベースさんに、注目しちゃいました!
ドラムのBatchは、お客さんがいっぱいで、
頭とスティックしか見えなかったんだもーん!!
わはは。


HEAD PHONES PRESIDENT HP
http://www.hpp-official.com/

『UNION』

2007 04 07
少し遅めの時間に、新宿のタワレコに行ったら、
iPodのCMの曲の、The Fratellisの
『Flathead(邦題:気取りやフラッツ)』のPVが流れてた。
思わず、曲の最初から最後まで、
その場にぼーーっと立って、聴いてしまった。。

の、そのCDを買ったわけではなくて、Charaの『UNION』を購入。
遅ーい!遅すぎる!!って、ファンの人に怒られちゃいそう?
union

アルバムの中を見たら、12曲中2曲に、
アレンジとプロデュースとベースの欄に、
ユージの大好きな(?)亀田誠治sanの名前を発見。

んとね、あちしの中では、
「亀田誠治san=ユージがLOVEな人」という図式があって。
ユージと出逢ってばかりの頃、スタジオに入れば、
“亀田誠治、亀田誠治、亀田誠治、亀田誠治、亀田誠治…
“師匠、師匠、師匠、師匠、師匠…
“チャゲアス、チャゲアス…
てユージが口にしていたので、インプットされた模様。

なので、亀田誠治sanがどんなベースを弾くのかとか、
どんなアレンジをしたのかとかいうよりも、
頭を過ぎるのは、『あ、ユージがLOVEな人だ』以上終わり。

実は未だに、亀田誠治sanのお顔すら存じませんで。
ファンの方、すみません、無知で…

先日、、月曜日ぐらいかなあ?
HMVを覗いた時は、通常盤しか置いてなかったんだけど、
その時はなんとなく買わないで、
今日タワレコに行ったら初回限定盤が少し残ってて、
えーと、見た限りでは4枚だったかな?、
それで『あー、あの時買わなくて、今日にして良かった』て思って
買ったよ。やっと。

これから、いっぱい、聴くところなの。
わーいラブリィハート

Middle West Salt River LIVE

2007 04 06
写真は、青梅街道の、入り口。
この緩やかなカーブの向こうにぼんやり見える、
ガード下をくぐると、靖国通りなんだよね。
一本の道なのに、そこが境目で名前が変わるなんて、
不思議な感じ。
青梅街道

急なカーブより、こう、緩やかなカーブの方が、
あちしの中では、違う世界に向かう道のようで、
不思議な感じ度が、upなのです…。

なんでこんなとこを歩いてるかというと、
今日は、めちゃ久しぶりに西武新宿線に乗ったの。

3月下旬に、ドラムの中西sanから
「ライヴやるよー」てメールをもらって、
何時頃まで演奏してるか尋ねたら
「22時過ぎぐらいまでかな?」てことだったので、行ってきた。
花小金井駅まで!!

なんでも、『HYDE(ヒデ)』というLIVE Cafeで、
これまた、あちしも知ってるドラムの大槻sanが始めた
「とてもすてきなお店」らしい。。

ぢゃあ、行かないと。

バイトして用事してから駆けつけたら、
なんと着いたのは21時半過ぎ…だいぶ遅くなっちゃった!!
ちょこっとしか聞けなかったけど、
久しぶりに中西sanや、ベースの佐藤哲也san、
大槻sanにも会えて、やっぱり来て良かったー
もう、なんだか懐かしくって、いろんなこと思い出しちゃった。

そしたら、ライヴ後、佐藤sanに、
「いろんなこと思い出すなー。
 そういえばじーなに訊いてもないのに、恋愛話を聞かされたよな」
と言われて、
『一体、あちしは何を喋ったんだー?!」
と全然覚えてないことに、パニックに陥ってしまった
そしたら、
「まあ、ここでは言わないけどよ」
と、さらっとかわし、でも含み笑いを残してた。
えーーーーー。怖いよーーーーー。

自分が覚えてないって、ちょと、ヒヤッとしちゃう。

あちしは一人で行ったのだけど、
通してもらった席に女の子が一人座っていて、
その子もなんとドラムやってるって聞いて、
ちょろちょろお話してたのだけど、
年齢を聞いて、びっくり。
『あしより、10歳も年下ー?!』
思わず、
『これから、何でも出来るね!』なんてババ臭いこと、
口にしてしまっただよ。うわう。

まあ、あちしも、これからいっぱい、
まだまだやりたいこと、やるけどねー
« Prev | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。