無料
思い出し。 enontasino

スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出し。

2006 09 07
ちょっと、高校の頃の出来事を思い出した。

友達が、気になる人が出来たと言って、
うきうきでその人のことを話してたので、
『どんな人か、会ってみたいなー』って言ったら、
パッとこっち向いて、「やだ」って即答されたの。
「jiinAと仲良くなったら嫌やもん」て。

あちしはこの時、ちょっとびっくりしたけど、
『この子とは、長く付き合えそう
なんて思って、ぷぷぷ、と笑ってしまった。

きっと、あちしと一緒にいる時、
あちしがその子にとって嫌なことをしたら、
すぐに教えてくれるだろうし、
その子にとって嬉しいことがあったら、
始終ニコニコしてるのだろうなーと思ったから。

はたして。。

そうでありました!
少なくとも、そう、あちしは思ってる!!(笑)

そんな風に、素直に気持ちをぶつけることができた彼女を、
今、「すごいな、羨ましいな」て、
思い出したよ。

あ、そうそう。
そこで今、これを読んでる、君ね
スポンサーサイト
Comment
うらやましいかも
年を取ると素直になれななる気がするね。
気持ちをぶつける前に、色々考えるようになってくるしv-37

とか言っても、変わらないのかもねん。
ねー。
★DAA。
ね、羨ましいよねー。
て!!

DAAのことですよ。。
若気の至り…
当時は、なんでも一大事やったからね~。
そんなこと言ったん?
じーなに軽く嫉妬心なのかもよ。

「長くつきあえそう」には同意!
ありがと!
★DAA。
Yes...。
これからも、よろしくね!!

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。