無料
刃 enontasino

スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006 05 25
久しぶりに、普通(?)の活字の文庫本を読んだかも。

読んでいる間中、心のどこかに冷たい刃を
当てられている、そんな気がした。

不安定で不完全で壊れそうなものが詰まった短編集。
(“集”っていうのかな?ま、いっか)
言ってしまえば、イジメのお話だけど。。

表題作に出てくる「お父さん」。
ナイフの刃を出そうとして失敗して、
自分が怪我してしまうところが、胸にぎゅうぎゅうくる。
本の中の登場人物だけぢゃなくて、
読んでるこっちまで、うわんうわん泣きたくなる。

重松清さんの『ナイフ』。
子供より、大人向け、かな?
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。