無料
クローン enontasino

スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローン

2006 01 10
韓国・ソウル大学の黄禹錫教授。
韓国の小学生が皆知ってる(かも?)有名人。

ソウル大調査委員会が、黄教授が発表した
2005年論文も2004年論文についても捏造とし
「黄教授がヒトクローン胚からES細胞作成に成功したという
いかなる科学的根拠もない」と断定したもよう。。

でも、そうすると。
2004年4月の米科学誌サイエンスの論文まで否定されては
研究自体が存在しなかったことになるって。

ん??なんだ??

臓器移植が必要な患者さんにとっては、
患者さん自身の遺伝子そのものを持ったES細胞なわけだから、
それから組織や臓器をつくっても拒絶反応が起こらない、
てんだから、望みを託していた人もいると思うのだけど。

再生医療のもっとも有効な方法のひとつが、
暗礁に乗り上げ。

黄禹錫教授も言い訳(?)をしているみたいだけど、
なんにしても、本当はどうで、何が確かで、
それで早く医療に使えるようになるといいな。

SF小説や映画で出てくるクローン人間の登場は、
とりあえず、ないようで。。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
Trackback
今日はなんといっても落胆。ES細胞研究の第一人者の研究成果の捏造問題に×がでたからです。この研究成果が発表されたとき、世界中の多くの人がよろこんだはずです。なにしろ拒絶反応のない臓器を作ることができるため、今まで治療のできなかった人が助かる新たな治療にな..
韓国のファン・ウソク ソウル大教授が世界で初めて作製したヒトクローン胚をもとにした胚性幹細胞(ES細胞)が同大調査委員会に「すべてねつ造」と断定された。 ヒトクローン胚ES細胞の研究が進めば、拒絶反応のない神経組織を作ることができると期待されていた。 臓器移
« 初叩き | HOME | 成人の日 »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。