無料
化石 enontasino

スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化石

2006 04 06
約3億7千万年前の地層から発見された、
「最古の腕」を持つ両生類の祖先の化石よりも、
1千万年ほど古い地層から、新たな化石が。

手首のような構造をした胸びれを持つ新種の魚類。
「魚類と両生類をつなぐ『失われた輪』を埋める発見」
になるかもしれないとのこと。
気の遠くなるような、年代。

化石は、推定体長、大きくて約2.7メートル。
うろこや頭骨の特徴から魚類に分類されるようだけど、
胸びれには4足動物の手首のような関節があり、
首のようなくびれもあるらしく。
シーラカンスとかの仲間、に入るかも?だって。

今、西暦2006年。
人間も、2千年のうちに、進化はしたのかな?
後退しているような気が、しなくもないけど…。
スポンサーサイト
Comment
奇跡
もうだいぶ以前のことになりますが、埋蔵文化財の研究をしている施設に派遣されていたことがありました。
素朴な疑問として、「どうして○○年前ってわかるの?」と聞いたとき、地層のことを詳しく説明してもらいました。
思わず、懐かしくなるお話で、自分自身も興味深く拝見しました。
人間は進歩してる
切り口によって異なるかも知れないけど、総論では人間は進歩してるんじゃないかな?そう思わないと、今自分が生きてるのも無駄だという事に繋がり兼ねないので、俺はそう思うことにした(笑)
さて。
★derekさん。
あ!
それは以前、怖い話ネタで盛り上がった職場ですか??
今海を泳いでいる魚は、まだまだ進化して、
その形体をかえていくのでしょうか?
深海に住む魚たちは、まだまだ変わりそうな、
そんな姿をしていますがww

人がもし、その姿を変えるとしたら、
どんな風に変わっていくでしょうね!!

★ドイsan。
脳みそは、どんどん大きく、
沢山の情報を処理できるようになったと思うけど、
身体的にもスリムで手足は長くて、
きっと大昔より、「きれい」になったのだと思うけど、
それと引き換えに失くしたものも多い気がするの…。
次の世代に引き継げるもの、
何か残せたら良いなあ!!
人間の・・・
 体には、進化の証が色々見られる。

たとえば尾てい骨とか、膝の中の構造

とか。一種の化石なのかな?


今を~未来を
本当に、海に住む生物たちから地上に棲む人間まで、この先、どういう姿になっていくのでしょうね。
栄華(進歩)した時代を享受し、あまりに我が儘になると、自分達の世界を破壊し、滅びの道を歩む場合だってあり得ますよね。
今を大切に、そして、未来のために、よい世界をつくっていきたいものです♪
あ!アチキが真面目になっている!?
不思議だ。。
明日になったら、
★元生駒市民どの。
明日の朝目が覚めたら、突然自分の体が変化していた…
なんて、自分が急速に「進化」をたどっていたら、びっくりだけどね!
でもそれを思うと、生まれてくる前の
お母さんの体の中では、
“進化”を辿っているんだよね。
10ヶ月で、小さい細胞から、赤ん坊の形になるまで。

不思議不思議。

★derekさん。
地球上の資源の枯渇問題とか、汚染とか、
沢山浮上してきているので、
次の世代にキレイな世界をどれだけ渡せるか、
なんて、あちしまで真面目に考えてしまいましたわ!!(笑)。

でもきっと、大切な事ですよね…。

管理者のみに表示
« 内側から | HOME | 桜が、 »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。