無料
2006年01月 enontasino

スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駆け足

2006 01 31
あっという間に、1ヶ月が経ったね。

そんなことを言ったら、
「そうですか?普通に過ぎていきましたけど」
なんて事を言われちゃったよ!!

あちしがそれを聞いて、がーーんとショックな顔をしてたのか、
「1ヶ月前は年末で休みだったかと思うと、びっくりです!」
と慌てて返してきた。

ええのよ。
無理せんでも…。

あちしには早かった!!

師走よりも早く、忙しかったで、きっと。
もう、バタバタしっぱなし。

2月は日が少ないし、油断してたら過ぎてた、、
なんてことにならないようにしよ。
スポンサーサイト

野良犬

2006 01 30
『ルーマニア在住の日本人男性が、
路上で野良犬にかまれて死亡』


日本人だからニュースになってたけど、
日本人でなくても、問題でしょ。

街を歩いていたら、犬にかまれて、死んでしまうって…。

ルーマニア・ブカレストでは、
1980年代に進められた都市化政策の影響などで
野良犬が10万匹にも上っているらしく。

街に出たら、間違いなく、犬を蹴飛ばしてしまいそうな。
間違いなく、吠えられそうな。
買い物袋なんか持ってたら、飛びつき、襲われそうな。
そんな数??

市民にかみつくなど社会問題化しているものの、
動物愛護活動家らの反対もあり、
何も対策が出来ていないとのこと。

犬にも人にも、きっと良くない環境だよね。。

似る。

2006 01 29
午後から師匠のシンバルを磨きに出かけた。
モッチーの家へ。
遅くなって、ごめんよ。

しかし、着いて早々、コーヒーブレイク(笑)。

モッチーとシンバルは、半分ずつ。
というより、枚数にしたら、あちしの方が少ないかも。
スプラッシュ1枚、ハットのtop1枚、クラッシュ3枚。。

あれ?

本当に、あれだけで大丈夫だったのか?
んー。ま、いっか。モッチーが大丈夫って言ってたし!!

手を洗わせてもらって、再びコーヒーブレイク
今日、モッチーにはぢめてアマネラ終了を報告。
驚きつつ、これからの話を聞いてくれて。

ありがとー

メンバー探しの話になって、
その条件をモッチーがあげてく中に、
「あと、見た目と…」
が出てきて、思わず爆笑!!
「いや、これ、大事ですよ!」とモッチー。

…これ読んで、苦笑いする人が数人いるはず。

がーん。

2006 01 28
昨年末に、お気に入りの“Lovers Rock Cafe”に行ったら、
貸切だった。
忘年会シーズンだし仕方ないかと思いつつ、少し淋しかった。

新年明けて、まだ行ってないし、
ふらふら新宿東口近辺を歩いてたので、
ちょっと覗きに行っちゃえ!と思って行ってみたら、
お店のお兄さんが、ドアの外で、棚を洗っている?

その手が、つっと止まって、「あ」。

「もしかして?」とあちし。
「すみません、今日、貸切なんです…」とお兄さん。

がーん…。

そんな気がしたよ。なんとなく。
先日行こうと思って電話した時は通常営業だったのだけど、
結局行けなくってさ。
よし、行こう!なんて思って行ってみたら、あーあ。

残念。
行ける日を、狙わなきゃ?!

ZION&Lovers Rock Cafe HP
http://zion-lovers.com/top.shtml

TOYOTA BIG AIR 10th Anniversary

2006 01 28
本日、札幌真駒内オープンスタジアムで開催された
「TOYOTA BIG AIR 10th Anniversary」

日本人招待選手の谷口尊人sanは…

3位!!

明日の1月29日、
深夜0:25~1:20(テレビ朝日系列全国ネット)で、
その様子が観れるよ。
そして、もちろん観るよ、あちしは。

TOYOTA BIG AIR HP
http://www.toyota-bigair.jp/index.html
谷口尊人sanのblog『網膜はく離になっても…』
http://ameblo.jp/taniguchitakato/

ゆったり

2006 01 27
昨夜PCの前に座ってたら、急激に睡魔に襲われて、
気付いたら今日の真昼間、正午過ぎだった。

おーい!!

前にもそんな日があったなー。
いつだったっけ?
寒かったのか、布団をぐるぐる巻きにして眠ってた。

また風邪を引いてしまわないように、気をつけなきゃ。

最近本屋に出現する率がupしてる。
ほぼ毎日、どこかの本屋を覗いていて。
まだ“買う”には至ってないけど、いろんなものがあって。
面白い。
うーん、図書館、行こうかなー。

休日は、ゆったりとお茶をして過ごす。
静かで、穏やかな時間。
やっぱ、カフェご飯、おいしい。。

『リバティーン』

2006 01 26
雑誌でも見かけるようになったので、
そろそろなのかな?と思ったら、もうちょっと先。
日本では、2006年4月公開予定。

ロス&NYが2005年11月25日公開、他が2006年1月13日?
日本が遅いだけ、っぽい。

『リバティーン』

舞台でロチェスター伯を演じたジョン・マルコヴィッチが、
「映画では君が演じて欲しい」とジョニー・デップに、
ラブコールを送ったとかなんとか。
そのジョン・マルコヴィッチはこの映画で、
イギリス王国チャールズニ世に扮している。

国王に扮する、て言われると、
『ジャンヌ・ダルク』の王太子シャルル(後のシャルル七世)を
思い出しちゃう。
国王の役は、お手の物??

お話は。
実在した17世紀英国の放蕩の詩人、
ロチェスター伯爵の壮絶な半生の記録…。
詩人としての作品は高い評価を得たが、
一方で女好き、酒好き、ポルノ作家としても有名で、
アルコールと梅毒が原因で33歳で死去。

なんだか、かなしい。

これより、待ち遠しいのは今年夏公開予定の、
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』
早く観たい!!
今年はジョニーがいっぱい観れて、嬉しいなん。

リバティーンHP
http://www.libertine.jp/
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストHP
http://www.disney.co.jp/pirates/

あれ?

2006 01 25
今日、予定があったのだけどなくなったので、
久しぶりに真っ直ぐ家に帰宅。

真っ直ぐといっても、本屋に立ち寄ったけどね。
でも、「帰り道」のルートからは外れていない、という。

"普通"に家のことをした。
洗濯して。ご飯食べて。
当たり前のこと。

なんだか、不思議な感じがした。

明日は何しよう…。

様。

2006 01 24
取引先の相手に、「○○様」って、"様"をつけるの、
普通だよね?

今日、顔を見たら思わずニッコリの、
良く知ってる方がいらっしゃって。
帰る前に伺いたい事があったので、呼び止めた。

大きな声で、おもいっきり。
"様"付けで。

「いや、"様"って…」
とかなり笑ってた。笑わなくても!!
というより、もう、あちし以外、"様"付けで呼んでるのを
見たことがないけど。

夕方、その取引先へ、あちしが行った。
「○○様に、笑われましたよー」
と、これまた良く知る営業の女性に話しましたら、

「ヨン様みたいな感じにきこえるのかな?
今度、もっと高い声で叫んでみたら?」

まかせて!!

作法?

2006 01 23
バイトのお昼休みの時間に、本屋に行って手に取った本に、
書いていたもの。

そんなの、初めて聞くよ、と思ったこと。
常識だったら、どうしよう。

でも、常識なのかな?

社長室など、○○室のドアは、
“3回ノックする”こと。

2回ノックは、トイレなんだってさ。。

『キング・コング』

2006 01 22
やっと、やっと、観た!!
『キング・コング』。

ほとんどの劇場が1月27日までの上映みたいなので、
「急いで観に行かなきゃ」と言っていたら、
「今日行こうよ」と嬉しい呼び出しを受けたので、行ったよ!!

『キング・コング』って名前は有名だし、知ってるけど、
実はオリジナル版を観ていないので、
話の内容はあんまり良く知らなかったんだけど。。

この映画の中の"英雄"は、絶対、
VENTURE号のイングルホーン船長!
めっちゃおいしいとこ、1人でもっていってる。
んで、「格好良い!」と思った。

気になったので調べてみたら、
ジャック・ドリスコル役のエイドリアン・ブロディと
『戦場のピアニスト』で共演した、
トーマス・クレッチマンだった。
うお、わかんなかったよ。

『戦場のピアニスト』、借りてきて観よ…。

さらに後から知ったけど、コングを演じたの、
『ロード・オブ・ザ・リング』でゴラムを演じた
アンディ・サーキスだったんだね。

キング・コングのHPを秋に観た時、見落としてた?!
いや、でも、さすが。
すごい、リアルだったなー。

アメリカ放送映画批評家協会でも、
「コングに主演男優賞を」の声が上がった為、
放送映画批評家協会賞の授賞式で、
特別に功労賞を設置、授与したらしいしね!!

コングと恐竜との戦闘シーンは、ハラハラもの。
コングとアンが最後の朝日を見るシーンは、切ないね。

雪降り

2006 01 21
今日は雪降り。
寒いね。
でもバイトがあるから家を出る。

昼間、雪が横殴りに降っていて、
バイト先のビルから外を眺めるのは、
圧巻だった。
誰もが今、外に出たくないと思っていたに違いない。

あちしが、少し遅めのお昼ご飯に出かけたときは、
こんな感じだった。

雪降り

景色を白いカーテンが覆ってて。
少しその白色が目にピカ、眩しく感じたり。

明日も寒いみたいだし、外に出たくないなー。。

握手。

2006 01 20
支えるって、なんだろう。
すごく、難しい言葉に聞こえる。

傍にいるだけで、その人の支えになれるなら、
いくらでも傍にいるのに!!

でも逆に、自分が相手にとって、
心穏やかになれない要因なのだとしたら、
そっと自然と消えてしまったほうが良いのでは?
と思ってしまうよ…。

自分の気持ちは。

本当は繋いでいた手を、まだ繋がっているのなら、
強く握り返して欲しくて。

だけれども、相手が自分に向かって、
自分と同じことを考えていたとしたら、
ずっと一緒にいようよと相手に云うべきなのでは?
と思ってしまうよ!

もしそうなのなら。

今から差し出す手を、見失わず信じて、
強く握り返して欲しいの。

『妖精の峪』

2006 01 19
この、名前からして、内装は可愛いに違いない!!と。
案内された個室は、出入り口に程近かったので、
店内の奥の装いが、一体どんなものか、
くまなく見ることは出来なかった。
残念。

でも、入り口の扉を押して階段を下り、
目の前に現れた鉄の門(?)も、螺旋階段も、
デザインが可愛い。

妖精は見かけなかったけれど(笑)。

女の子同士、または、女の子と男の子で来るイメージ。
男の子だけで来る…のは、あちしには想像できない、かな

この日、お誕生日の人が2組いたらしくて、
「ハッピーバースデー」の曲があまりに大きくて、
話が途切れるのと同時に、噴出して笑ってしまった。
びっくりさせられちゃったよ。

でも、おめでとう。

一緒に行ったリンchanが頼んだパイ
"妖精の宝箱"に乗っかってきた、妖精?

妖精?

「包んでお持ち帰りください」
と言われて、あちしが代わりに持ち帰った。
手に、持ってるのは…赤ちゃんなのかな?

『妖精の峪』HP
http://www.twolandcompany.jp/yousei/top2.htm

『スウィーニー・トッド』

2006 01 18
映画化なるか?

スティーブン・ソンドハイムの人気ミュージカル
『スウィーニー・トッド』

このミュージカル映画化で、また、
ティム・バートンとジョニー・デップがコンビを組むかも?
そうなったら、ジョニー・デップはもちろん、
主人公の理髪師スウィーニー・トッド??

また、怪しい雰囲気が漂う作品が…できるかも。
ちょっと観るのが、怖い。
『フロム・ヘル』を、ふと、思い出した。


「スウィーニー・トッド」
18世紀のロンドンで理髪店を経営していたスウィーニーは、
上流階級の客が来ると、ヒゲを剃るカミソリで首を切り裂き殺害。
パイ屋のラベット夫人とその死体を解体し、
ミートパイにして売っていたという…伝説の殺人鬼。

待ち人

2006 01 18
ありがとうございました。

先日、お世話になってるライヴハウスに、
"アマネラ"の終止の挨拶を、二言三言。

理由は何も訊かずに、
「早く帰ってきてよー!」
「何か決まったら、すぐに連絡して!」
て言ってくれて、ありがとうございます。

すぐに帰る。
帰りたいもの。

アマネラで参加させて頂いた『ピーカン』でお世話になった、
TAKATOさんから今日、メールが。
その最後の一文に、「その時を楽しみにしています」。

待っててくれる人がいるのは、嬉しい。
頑張れる。

温かいものが、いっぱい、溢れる。

他にも、メールをくれた友達、ありがとう。
心で思ってくれてる友達、ありがとう。
アマネラで出逢ったたくさんの方々、ありがとう。

そして、これからも、どこかで、
メンバーの誰かを、ある日突然、見かけましたら、
応援してやってください。

いつもでも勝手な、そんなあちしも、
いつまでも、宜しくお願いいたします。

11年。

2006 01 17
もう、毎年、この日には呟いてるけど。

『阪神淡路大震災』

記録では、地震は"5時46分"というけれど、
あちしの記憶ではそれより、少し早い。

3分前には、感じていた。
感じて、起きていた。

そして、今、ここにいる自分があるのは、
この日があった為だと思い出す。
最悪の地震が、自分の背中を、前へ押した。


震災は、揺れよりも、火事がすごかった。
日々の放送と新聞の死亡者の名前を見るのも辛かった。
友達の名前を探した。
見つからなかった。でも連絡もとれない。

どうなったのか解らないまま、11年も過ぎてしまった。

カプセル

2006 01 16
朝から病院に行って、薬を貰ってきた。
風邪の症状に効く、漢方薬。どっちゃり。

「カプセルは飲めない!!」て医者に言ったので、
こうなったのかも。
医者に「粉末や顆粒は飲める?」と真顔で訊かれた。
上手に飲めるよ。
更に、「トローチ欲しい?」と訊かれたので、
「ぢゃあ、ください」と応えたら、なんか、笑われた。

薬局でアンケートを書かされた。
飲めない薬に「カプセル状のもの」と書いたら、
処方された抗生物質が錠剤だって、
「錠剤は飲める?大丈夫?」と訊かれた。
上手に飲めるよ。。

なんだろ。
粉末・顆粒・錠剤よりも、カプセルを飲み込めない方が、
珍しいのかな?

でも、おかげさまで、体の方はだいぶ楽ちん。

やっと脳みそが働きそう。
さて。

がたがた

2006 01 15
今日はもう、一日中、寝てた。
寝るしかない!!

寝る→起きて泣く→疲れて寝る→起きて泣く→疲れて寝る…

の繰り返しだった。
体も心も襤褸切れのようだった。
熱に魘されつつ、健康の有り難味を実感。

て、年末年始にかけて風邪を引いた時にも思ったな。
ちくしょー。

あれ、どこかで、サイレンが鳴ってる…。

設定温度

2006 01 14
今日仕事をしていたら、なんだかだんだん寒くなってきて。
「寒くない?」と目の前の子に訊くが、
「寒くないですよ。丁度良いです」との返答。

そうかなあ?と思いつつ、マフラーをまいて、
さらにマスクまでつけて、仕事をしてたが我慢できず、
空調の設定温度を見に。

一つは、22℃だった。まあ、こんなもの。
もう一つの、あちしに直接関わってくる空調の設定温度が、

16℃

だった。
なんだ?あちしらって、『要冷蔵』か??
ありえない…。

即行、22℃に設定して席に戻り、隣の席の子に
「ちょっとー、16℃になってたよ。寒いと思ったわ!」
と言ったら、
「ああ、暑い暑いと言って、○○san、下げてましたよ」
いやいや、下げ過ぎでしょ!!

そして続けて、
「だって寒くなかった?」と訊いたら、
「そうですか?ここはそんなこと、ないですよ」とのこと。
しかし。。

その後、1時間も経たないうちに、
その子は「なぜか鼻水が止まらない~」と嘆いてた。
理由?はっきりしてるやん!
空調の、設定温度、下げ過ぎなんだってば!!

そして、それからは部屋はだんだん暖かくなったけど、
あちしは、仕事を終えて帰る頃には、ぐったり。
もう、のどは痛いし、頭はがんがんするし、体は寒いし。

そう!!

見事に風邪っぴきに返り咲きよ。
でんでんうれぢぐないよ。
家に帰ったら熱がぐんぐん上がってたよ。

よく、耐えたわ…。

だれのもの?

2006 01 13
ちょっと、目に飛び込んできたことなのだけど。

1世紀にわたって続く頭蓋骨の真贋論争に決着をつける為、
モーツァルトのものとされる頭蓋骨のDNA鑑定をした結果。

「家族の墓」から祖母および姪のものとされる遺骨を掘り出し、
頭蓋骨の遺伝子と比較したが、どの遺伝子の間にも
血縁関係を示す一致が見られなかった。

ぢゃあ、偽物だったのかと思うでしょ?
ところが。

「家族の墓」とされた場所が他人の墓だった可能性も浮上。
つまり、DNA鑑定の意味はなくなった、みたいな。

頭蓋骨はどんな気分だろ。
あちしは、自分が死んで、「誰の頭蓋骨か」と、
研究者や科学者の手の平の上で、
くるくる頭蓋骨を回されたくないけどなー…。

本人のモノなら「自分です!」って言いたいだろうし、
赤の他人のモノなら「静かにしてくれ!」て言いたいかな?

まだまだ、安らかに眠れないかも。

SweetBlanket LIVE

2006 01 12
じーなの仲良し&お気に入りの、
"SweetBlanket"の本年初ライヴに行ってきたよ。

及川リンchan、板垣祐介kunの、2人組。
歌とギター2本のアコースティック。

でも今日は3曲だけ、ゲストにbiceさんを迎えて、
声だけ聴くとまるで姉妹のようなその歌声を、
お客さんに届けていた。

んんん?
リンchanも、biceさんも、お2人揃って風邪を引かれてて。
そ、そこまで似なくても!

自分も年末年始は風邪で苦しんでいただけに、心配。
すごく、とても。
早く良くなりますように、早く治りますように。

ライヴ会場にて発売の、2曲入りのCD、いいよ!
肩越しに、振り返ってる感じがした。
「後ろに」ではなくて、「前に」。

SweetBlanket Official WebSite
http://sound.jp/sweetblanket/

『渋全』

2006 01 11
本日、1月11日発売の、渋さ知らズの『渋全』。
今年の購入1枚目のCDは、これ。

渋全(表)

渋全(裏)

きっとわかる人には、わかる。
ただの、単なる、ジャケ買いなんー!!(笑)

ジャケの表紙より、この裏のが好きな感じ

あ、もちろん、中身も聴いたよ、聴いた。
てか、今、聴いてるところ。

ちょっと、わくわくするよ。

『RECYCLE』

2006 01 11
「納得しないで発売されたので封印できるなら封印したい。
一時期のシングルだけしか収録されていない作品が
売れ続けることに、受け入れがたい不健全さ・ジレンマを感じる」

スピッツのベスト盤『RECYCLE(1999年12月発売)』をはじめ、
1枚目から20枚目までのシングルは全て、1月末で製造中止に。

そして。
初のコンプリート・シングル・コレクション
『CYCLE HITS 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』
『CYCLE HITS 1997-2005 Spitz Complete Single Collection』
を3月25日に同時リリース!!
前者の初回限定盤には"めざめ(空も飛べるはず)"、
後者の初回限定盤には"夢追い虫(early version)"
を収めたボーナス8cmCD付き、かつ、
スペシャル・パッケージ
アーティスト・フォト・コレクション封入

「間違っていなかった」という、
そのメンバーの言葉が、詰まっている2枚のアルバム。

廃盤かあ。
いろいろと想うこと&考えることがあるのだろうけど、
なくなるっていうのは、それはそれで、
なんだか少し哀しい気が。

逆にこれで、今から『RECYCLE』を買いに走る人が、
たくさんいたりしてね?

SPITZ OFFICIAL WEB SITE
http://spitz.r-s.co.jp/

初叩き

2006 01 10
今日はスタジオと電話が繋がったので、
ドラムを叩きに行ってきた。
今年、初の個人練。スタジオ。ドラムセット。

わお!

ここのスタジオは、入ると何だか、
小学校の教室のような、お遊戯室のような、
そんなイメージがある。
床が木だからかな…。なんだろ。
『ワックスがけでピカピカ』より
『水ぶきしてつるつる』の感じ。

スタジオ奥

写真より、実際の床はもっと焦げ茶で黒っぽくて。
年末にワックスかけたのかな?
床が今日はツルリ&ピッカリしてた。
でもよく見ると傷だらけで…やっぱお遊戯室だね!

スタジオ予約入れたとき、行く時間を告げたら、
「その時間からだと、最後まで空いてますよ!」て。
思わず「ぢゃあ、いれちゃおう!!」と言いそうになったけど、
2時間にしといたの。

2時間にしておいて良かった…。

年末から、風邪を引いて『食べる⇔寝る』の
ひたすら繰り返しだった所為で、体が、動かない!!
1時間してやっと、「あ、軽くなってきた」で、
2時間経ったら、足元がふわふわしてた(笑)。

あー。
ランニングでもするかな…。

クローン

2006 01 10
韓国・ソウル大学の黄禹錫教授。
韓国の小学生が皆知ってる(かも?)有名人。

ソウル大調査委員会が、黄教授が発表した
2005年論文も2004年論文についても捏造とし
「黄教授がヒトクローン胚からES細胞作成に成功したという
いかなる科学的根拠もない」と断定したもよう。。

でも、そうすると。
2004年4月の米科学誌サイエンスの論文まで否定されては
研究自体が存在しなかったことになるって。

ん??なんだ??

臓器移植が必要な患者さんにとっては、
患者さん自身の遺伝子そのものを持ったES細胞なわけだから、
それから組織や臓器をつくっても拒絶反応が起こらない、
てんだから、望みを託していた人もいると思うのだけど。

再生医療のもっとも有効な方法のひとつが、
暗礁に乗り上げ。

黄禹錫教授も言い訳(?)をしているみたいだけど、
なんにしても、本当はどうで、何が確かで、
それで早く医療に使えるようになるといいな。

SF小説や映画で出てくるクローン人間の登場は、
とりあえず、ないようで。。

成人の日

2006 01 09
成人の日。以前は1月15日。
それが1月の第2月曜日になってから何年経ったかな?

皆が帰省している時、ということでか、
お正月に成人式をする自治体があるみたい。

成人式ってなんか良いよね。
久しぶりに会う旧友達の元気な姿も見れるし、
赤ちゃん連れてきてる子とかもいて、
「え?あの子が、もう?!」みたいな驚きもあったり。

著名人を招いての式とか、当時は羨ましかったなー。

昨日・今日と着物を着てる人を見ると、
全ての人が成人式に行って来た人に見える(笑)。
うーん、あちし、成人式以来、着物、着てないよ。

あの振袖、もう着ること、ないかも?!

え?もう?!

2006 01 09
皆さん、お元気?!

あちしはなんとか風邪の菌を撃退して、
残るは鼻声・鼻づまりのみ。
今日も「あはは。鼻声~!」とからかわれつつ、
「ええ、ばなごえでづよ」と返して笑ってたよ。

そんな時、
『電車の中で急にくしゃみが出始めたけど、
目の前の人がいなくなったら、ぱたっと治まった。
あるよね、そういうの。
花粉を連れてくる人、いるよねー』
みたいな話をしている一角が。

「だってほら、電車でマスクしてる人、最近見るし!」

えっ?!
それって、風邪を引いてるからぢゃないの?
あちしも先週、風邪でマスクしてたやん!!

「えー?あの電車の人も風邪?花粉ぢゃないの??」

か、花粉なのか?
風邪もインフルエンザを通り越して、花粉なの?
今の時期、なんの花粉?
うちも花粉症だけど、2月からぢゃないの?
異常気象で早まってるの?

うう。強敵がいっぱいだ…。。

なんだか、ね。

2006 01 08
朝起きたら、、、朝ではなかった。

なんと、16時を軽く回ってた。
「ちょっと、それは、ないっしょ」
て自分でツッコミを入れ、首を振りつつ立ち上がったら、
足元はふらふら。

単なる寝過ぎやね、これは。

冷たい床を裸足で歩くと、目が覚める。
脳みそまで一気にその冷たさが沁みる。

温かい飲み物を作って、一息。
パンとソーセージを食べて落ち着いたら、
今日の残りの時間をどうしようか考えよう。

とりあえず、スタジオに電話をしてみたら、
…出ない。

うーん、ま、ゆっくりしてよ。

インフルエンザ

2006 01 07
死者が出るか?!と懸念されている
"鳥インフルエンザ"ではなくて、普通(?)の。

厚生労働省のインフルエンザ患者発生報告より。
全国の小中学校で昨年12月18日~31日までに
報告されたインフルエンザ患者はなんと、

2,950人

前年同期の141人に比べて約20倍の人数!!
…新種ぢゃないよね?

学年閉鎖・学級閉鎖をした学校数は102校(前年同期は6校)。
この数の差だけでも異常。
何かが起きているのか?
人が大雪で閉じこもって、空気も閉じこもって、
菌がぐんぐん力をましているのか?

手洗い、うがいは必須だね。

風邪を引いている場合ぢゃない、よ。
治った途端にインフルにかかりたく、…ないわ!!
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。